本日 6 人 - 昨日 16 人 - 累計 29821 人

 4月になりました。早いですね。

 今日は嘘をついても良い日ですが、皆さんはどんな嘘を思い

 つきましたか?

 私は今のところは素敵な嘘が思いつきませんので、

 今日のうそつきになれる日が有効活用できそうもありません。


 私の家の隣のNTTでは、すっかり桜が満開になっています。

 上泉町のベイシアの前橋高校側にある、従業員用の駐車場

 の桜もとても綺麗です。

 

 前回のブログで心の学校の佐藤康之学長の紹介をさせて頂きました。

 たくさんの著作の中でも私が繰り返し読んだうちの一冊は

 『わがままスッキリノート』たま出版です。

 この本で登場する2組のご夫婦がアルコール依存と薬物依存を

 克服するまでの学長とその方たちのやり取りや解説が一冊に

 まとめられています。

 この本のすごいところは、薬物依存やアルコール依存という

 克服することが難しい課題を見事に環境原因と根本原因から

 癒していくところです。

 
 自分の相手に問題があって、それがアルコールや薬物です。と

 いう方たちは勿論ですが、ほかのことが問題である場合でも

 是非読んでみてください。

 ギャンブル依存でも買い物依存でも過食や拒食、恋愛依存の

 場合もそうです。

 仕事にばかり精を出していて周りの人間との関係が上手く

 いっていないなら仕事依存かもしれません。

 佐藤学長は、「人の言動、行いは、すべて愛を求める叫びです」

 と言っています。私もその通りだと思います。

 何をしていても、、つまり少しバランスを崩しているのも

 大きくバランスを崩して病的な依存症であっても、全て

 愛を求めているのだということを、気づいてあげてください。

 この『わがままスッキリノート』中には相手に対する不満や

 期待、欲求を変換して自分の方から愛のプレゼントとして

 相手のために行動していく事で、相手も自分も変化していく事が

 できる、素晴らしいツールであるワークのためのフォーマットが

 付属しています。

 このフォーマットをコピーしたり、ノートに書き写して繰り返し

 書いては行動して、とやっていけば必ず変化していきます。

 じっくりと読むとこの本の中で佐藤学長の言っている事が

 わかってきます。

 そうすると自分が相手を理解して行動できるようになり格段に

 楽になります。

 家族や恋人にバランス崩している人がいる方たちに

 お勧めの本ですが、ご自分のためにまず読んでみられると

 生きる上でのヒントがたくさんあると思います。