本日 20 人 - 昨日 21 人 - 累計 31445 人

2015 3 23


  今日は寒かったですね。

 風が強くて花粉も相当飛んでいた感じです。

 我が家の一番年長の猫のレオ君は季節の変わり目に

 体調があまりすぐれなくなります。

 あと半年もすれば15歳になろうという年ですから

 当然かもしれなのですが、できれば年を取らずに

 ずーっと元気でいてほしいのです。

 この体でこの人生はだれでも一度きりです。

 レオは交通事故にあってけがをしていたので

 保護して病院へ連れて行きました。

 順番を待っている間に、私の膝の上で丸まって眠り始めました。

 最初に抱き上げるときに、結構血を流していたので心配と緊張

 する気持ちがありましたが,「私が絶対に助けてあげるからね」

 と言いながら着ていたエプロンを脱いで、そのエプロンで

 くるんであげました。

 今ではもうそのエプロンでくるむ事ができないくらいの

 大きながっしりとした大人の立派な猫です。

 でも保護した時の私を頼りにする気持ちはそのままで、家族

 の中で一番わたしになついてくれています。

 そしてレオがこの体でこの魂であとどのくらい私のそばに

 いてくれるのかなと思うと一日ずつを大切にしようとおもいます。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):