本日 6 人 - 昨日 16 人 - 累計 29821 人

8月25日 感情の波には乗らない事が得策!

相手の身になる事がとても大切です。とお伝えしました。

相手と自分のあいだに空間を作る事で相手の身になる事が楽にできるかもしれません。

その空間には、ゆとりや思いやり、理性、などが入っています。

つまり、感情で反応してしまうのではなく、その空間に一時的な逃げ場になってもらうという感じです。

その空間はあなたの頭の上にあるというイメージです。

ぱっと感情的に反応してしまったらその空間にサッと入って『ちょっと待てよ! これはどういう事なのだろう?』と頭の上にあるゆとりや思いやりや理性が待ってくれている逃げ場に意識を飛ばすのです。

あなた自身が今 味わっている真っ最中の目の前の出来事に振り回されて、感情的になってしまって失敗をしてしまうより、一時的にその目の前の出来事を頭の上から眺めるというイメージなのです。

例えばあなたに文句を言っている人が目の前でいろいろ言っているとしたら、その人の言っている事を頭の上の空間から眺めているという客観的な感覚です。

良くその人の話を聞きます。

客観的に聞くのです。

言葉に振り回されないでください。

その人の本当に言おうとしている事に集中するのです。

何が言いたいのかなぁと良く聞くのです。

多分その人はわかって欲しいのです。

理不尽な事を言われていても、『そうだったのですね、分かりました。』と言ってみます。

あなたは今、こういう風に感じてこういう事が起きて困っていると言う事ですね?と相手を理解してあげましょう。

文句を言って来ている人、つまりあなたの対応次第では敵になってしまう人を味方にするという事です。

分かってあげて相手の身になって、できる範囲の事をしてあげられれば相手はあなたの味方になってくれてあなたは得をする事ができます。

味方同士は信頼しあえます。

相手が職場の他人でも家族でも友人であっても信頼関係のある間柄の人達に囲まれて生活できれば、いろんな意味であなたは得できますね。

得するって良い事です。

悪い事をして得するのとは違います。

まわりの人とのより良い関係性を構築する為の得策です。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):