本日 11 人 - 昨日 17 人 - 累計 30664 人

2018 6 5 子育てを楽しみたい!

スーパーマーケットで買い物してレジの列に並んでいる時に隣のレジに並んでいる親子が何か会話をしていて、子供は小学校の3年生くらいだったのですが、何かお母さんが子供が言った言葉に対して言い返しながらその男の子の腕の内側をつねっているのを見ました。

その時のその男の子の悲しそうな顔が忘れられないです。

何を言って怒られたのか、何故耳元で囁くように怒りながら腕の内側をつねるのか?

そのお母さんはどんな感情が心の中にあったのか?

その後何年も経っていますが、その親子にそのスーパーマーケットでまた会う事が今のところないのですが、もう中学生になったかなぁと思いますが、何となく心配してしまうのです。

子供達は、太陽のように優しくエネルギーを与えてくれる母親の愛を沢山受けて育つ事が何より大切です。

そのお母さんは何か大変な事があって自分の息子に絶対に言う事を聞いて欲しいと思い、つねっていたのでしょう。

そのお母さんには自分の言う事を聞いていればいいのよという強い気持ちがあったのでしょう。

でも怒りの感情にまかせて可愛いはずの我が子の腕をつねるのは、決してその子のためにはならないのではないだろうかと思います。

大人には大人の様々な事情があり、大変な事も沢山あると思います。

でも、子供にあたってしまうのは、虐待になってしまうのです。

親を信じられない子供は誰も信じられないままに世間の荒波の中を生き抜かなければならなくなります。

心を傷だらけにされて、心を殺されてしまった子供は他人を傷つけたり、殺そうとしたりするかもしれないのです。

怒りのコントロールが必要なのではないでしょうか。

自分の怒りはあなただけの事なのです。

同じ事が起きても人によって感じ方は様々です。

怒ってしまうと、本当に良い形での解決は難しいです。

怒らずに冷静に諭す事が出来れば相手は理解して受け入れてくれるのです。

自分が何故怒ってしまうのか?

どんな自分が自分中心の中で暴れてしまうのか、知ろうとしてみませんか?

その暴れているかわいそうなインナーチャイルドを癒す事はあなた自身が癒される事です。

子育てを楽しみましょう。

授かった大切な宝物が笑顔にあふれた人生を生きていけるようにしてあげましょう。

個人セッションも受け付けています。

どんな問題でも解決の糸口が見つかります。

まず自分の事を解決して下さい。

自分で自分を笑顔にしてあげましょう。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):