本日 10 人 - 昨日 17 人 - 累計 30663 人

11月8日  子育てを楽しめない?


せっかく生んだ愛らしいわが子についつい怒り過ぎたり

自分の中のイライラをぶつけてしまったり、可愛い寝顔

を見ながら反省したり、後悔したり、でも怒っている時

自分ではしつけをしているって思っている。

しつけという字は、躾と書きますよね。この字は、わが身

を美しくという事かと思います。親が立ち居振る舞いや

自分自身の言動を整えて生きる姿を見せる事こそが躾なのです。

「こうしてはだめ、あーしてもダメ、ママの言うとうりにして

いればいいのよ。」と口うるさく育てていくうちにその子は

自分らしく生きる事ができず自分が何をしたいのか、自分は

どんな人間なのかがわからない自分を愛せない人になって

しまいます。

わが子にその子らしさを発揮して、その子の生まれ持った物を

十分に輝かせてほしかったら、余分な事は言わずに親本人が

自分自身の人生を輝かせている姿を、生き生きと喜んで見せ

続ける事が本当の意味の躾なのではないのかなと、私は思うのです。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):